銀行振込の仕組み

ちょっと、話を変えてと。

 

銀行振込の仕組みについて。

 

各金融機関(市中銀行)は、日本銀行に、

「日銀当座預金」というのを

持っています。

 

「信用創造」の話で、

預金準備率分の現金を預けるのに使われるのも、

「日銀当座預金」です。

 

 

市中銀行は「日銀当座預金」のお金を現金(1万円札とか、100円玉とか)で、

引き出すことが出来ます。

「日銀当座預金」に預ける時も

現金です。

現金輸送車とかで運ぶんでしょうか?

詳しい事は知りません。

 

だから、「日銀当座預金」は、

現金とほぼ同じ意味という事かな。

 

 

A銀行のW社の口座から、

B銀行のX社の口座へ

10,000円の

振込をする時は、

 

まず、A銀行のW社の口座から

10,000円減らして、

 

A銀行が日銀に持っている

A銀行の「日銀当座預金」から、

10,000円減らして、

 

B銀行の「日銀当座預金」を

10,000円増やして、

 

B銀行にあるX社の口座残高を

10,000円増やします。

 

B銀行の「日銀当座預金」が増えるので、

 

B銀行は、

日銀から引き出せる現金が、

10,000円分増えたって事ですね。

 

B銀行が、「X社が現金で、10,000円を引き出すかもしれない。」と、

思ったら、

 

B銀行は、日銀の本店や支店から、

10,000円を引き出して、

手元に持っておく事が出来ます。

 

もし、B銀行が日銀から、

10,000円を

1万円札で引き出したら、

 

その時が、

 

「日本銀行券」である

1万円札の発行

という事になるのかな?

 

X社は、

本当に10,000円を、

1万円札で、

B銀行から引き出したとします。

 

この、

1万円札は、

元々、日本銀行の本店、もしくは支店の金庫にありました。

それを、B銀行が引き出しました。

 

そして、今は、

X社の手元にあります。

X社のものですね。

 

 

この、10,000円は

 

A銀行のW社の口座から、

B銀行のX社の口座への

銀行振込によって、

 

X社のものになりました。

 

W社は、X社から、

何かを買って、

その支払いをしたんでしょうね。

 

 

W社は、

元々、どうやって、

この、10,000円を手に入れたんでしょうか?

 

W社は、10,000円の借用証書を書いて、

それをA銀行に預けて、

A銀行は、その代わりに、

10,000円の預金通貨を発行して、

W社の口座残高を増やした、とします。

(誰かが、銀行から借金をして、

銀行が、その人の口座残高を書き換えて増やす時が、

預金通貨の発行だと思います。)

 

 

この中央銀行と市中銀行のシステムでは、

 

誰かが、市中銀行の貸出しで、

預金通貨として発行されたものが、

 

中央銀行の発行する銀行券(現金)として出てくる。

 

そういう事になっているんだと思います。

 

 

よくある「信用創造」の仕組みについての話だと、

現金が、本源的預金として、

このシステムの外から持ち込まれる様に感じるけど、

 

それは違うんじゃあないのかなあ〜。

 

 

信用創造って何?

現代における、お金の発行は、

この信用創造だけなんです、

っていう話があります。

 

で、考えて見ます。

 

 

もしも、世の中に、

お金が全然発行されていなかったら、

 

誰も、お金を持っていないから、

誰も、本源的預金を預け入れる事が出来ないので、

 

この、信用創造のシステムが

稼働し始める事ができません。

 

 

そこは、どうなっているんだろうか?

 

 

お金って、世の中をずっと動いていて、

お金の発行の仕組みを変えるからといって、

一旦、誰もお金を持っていない状態に戻して、

そこから、発行し始める、

という様な事はしないだろうから、

 

信用創造っていう、

銀行が貸し出す時に預金通貨を発行するっていうやり方が、

始まるよりも前に、

 

別の方法で、

発行されていたお金があって、

 

それが本源的預金として、

使われている、

という事でしょうか?

 

もし、そうだとすると、

本源的預金として使えるお金は、

日本全体で、固定された金額としていくらある、

って事が言えると思う。

 

 

それとも、、、

実際的には、こうだと思う。

A銀行が設立されました。


設立されたばかりで、

誰もお金を預けていません。


誰かが、お金を借りに来ました。



元手を持っていないはずなのに、

A銀行は、お金を貸し出しました。

ただし、当面の間は現金で引き出さない事、

支払いは、A銀行内に口座を持っている人への銀行振り込みに限る。

こういう条件で、A銀行は、

お金を貸し出しました。


A銀行は、銀行なので、

預金通貨を発行する事が出来ます。

A銀行は、貸し出す時に、

何かを担保にしています。

A銀行が貸し出した預金通貨の価値の根拠は、

つまるところ、担保物件って事ですね。

お金を借りた人が返せなくなった時には、

その担保物件で返すって事です。


普通に銀行にお金を借りる時は、

お金以外の何らかの資産を持っている必要があるってことです。


資産価値のあるものを持っている人には、

銀行は、その資産を担保にして、

預金通貨を発行して貸し出すと、

そういう事だと思います。



「信用創造」の話だと、


最初に、現金で預けられた、

「本源的預金」を元手にして、

貸し出してるみたいな話になってるけど、


元手は、担保物件で、

借金を返せなくなったら、

担保物件の所有権が、


銀行に移り、


銀行は、その担保物件を

誰かに売ることで、


自分が発行した預金通貨を

回収することができ、


そうなると、

貸し出しの時に発行した

預金通貨が消えてなくなると、


そういう事だと思います。

基軸商品(お金の本質?)

皆さんは、

お金の本質ってなんだと思いますか?


経済学の教科書的な本には、

お金の3要素ってのがあって、


1.価値の尺度

これは、1000円の2倍の価値は2000円という事ですね。


2.価値の交換

これは、大根を1000円で売って、1000円をもらう。

(ダイコン高いですね(笑))

大根と1000円の交換ですね。

今度は、その1000円でミカンを買う。

(ミカンも高いですね(笑))

ミカンと1000円の交換ですね。


3.価値の保存

これは、お金を取っておいて、

後で使うことができると。

貯金ですね。

(この貯金をできるという性質が、

僕には謎なんですね。

なぜ、そんな事が可能なのかと?

マーケットで、そのお金が使える状態が維持されている限りにおいて、

価値は保存されていると、

そういう事でしょうか?)


以上の3つの条件を満たすものが、お金であると、

経済学の教科書的な本には、

本の始めの方で、

そう書いてあるようです。



何がお金になるのか?

世の中には、

「基軸通貨(きじくつうか)」というものがあって、

貿易をする時には、

その基軸通貨を使ってやり取りすると。


今の世界の基軸通貨は、

アメリカ・ドルらしいです。


外国に輸出する時には、

商品を売ってドルをもらいます。

今度は、そのドルで、

外国の商品を買います。


ドルは、持っていないけど、

先に、輸入したい時には、

どうするんでしょうかね?

借金でもするんでしょうか?


まあ、

とにかく、世界貿易をする時には、

基軸通貨をお金として、

売買がされていると。

そういう事らしいです。



昔々、お金のない時代、

人々は、物々交換をしていたと。

その時に、基軸となる商品があったと。

物を売ったり買ったりする時に、

誰もが、一旦その商品に変えるという事です。


その基軸となる商品が、

昔は、金(きん)だったと。


お金(おかね)の成り立ちって、

「物々交換をしていて、

だんだんと基軸となる商品が選ばれてきて、

最終的に金(きん)が選ばれた。」

みたいな説明がされる事がほとんどだと思います。


でも、お金の本質って違うんじゃないかなと、思ってます。



「時間差で交換。」が、

お金の本質じゃないかと、

最近、思ってます。


どういう意味かって?


また、後で。

信用創造って何? まず、ウィキペディアの説明から。(その8)

本源的預金は、

1000円。

これは現金で預けられる。


預金準備率は10%。


この時、マックスで

9000円の預金通貨が作られるんですが、


この時、市中銀行は、

最初の1000円をすべて、

日銀に預けてしまっているので、


誰かが、現金を引き出そうとしても、

引き出せませんね。



どうするんでしょうか?




信用創造って何? まず、ウィキペディアの説明から。(その7)

それから、


ウィキペディアの引用始まり


A銀行はW社から預金1,000円を預かる。すると、A銀行はW社の預金のうち900円を貸し出すことができる。


ウィキペディアの引用終わり


始めに、W社が、A銀行に預けたお金って、

現金なんでしょうか?


1000円だから、

1000円札、1枚とか、

500円玉や100円玉を使って、

1000円分のお金を入金したと、

そういう事なんでしょうか?


それとも、どっか別の銀行から

銀行振込で入金したと、

そういう事なんでしょうか?


「現金」とは書いてないから、

ここが分からない。



この「信用創造」の話と言うのは、


「銀行の金庫には、預けられている預金と同じだけの金額の現金が、

納められている訳じゃない。

もっと少ない現金しか銀行は持っていない。

では、どういう仕組みになっているんでしょうか?」


っていう話のなかで、聞く事があります。


ですから、


始めに、W社が、A銀行に預けたお金、これを「本源的預金」と言いますが、


これは現金で、

例えば、1000札1枚とか、

500円玉1枚と100円玉5枚とかで、

預けられるという事だと思います。


始めの1000円は、

現金で預けられるとして、

考えていこうと思います。



つづく



信用創造って何? まず、ウィキペディアの説明から。(その6)

ウィキペディアの引用始まり


信用創造とは、銀行は受け入れた預金以上に貸付けることができるか否かを問うものであって、それを肯定するもの(マクラウド)、否定するもの(リーフ(en:Walter Leaf))の論争の後、今日では個々の銀行は預金以上には貸付け得ないが、一国の銀行群全体としては本源的預金に数倍する貸付けを行いうる(C.A.フィリップス)というのが通説となっている[7]。


ウィキペディアの引用終わり



「個々の銀行は預金以上には貸付け得ないが、一国の銀行群全体としては本源的預金に数倍する貸付けを行いうる(C.A.フィリップス)というのが通説」


って書いてある。


「通説」って?


A銀行、

W社、X社、Y社、

それから日銀が

登場人物として

考えて見ます。


まず、W社が、

A銀行に1000円預けます。


X社が「2000円貸して欲しい。」とA銀行に融資のお願いに来ました。

話を聞いてみると、

Y社から2000円の物を買いたい、ということでした。


X社も、Y社も

A銀行に口座を作ってもらって、

支払いは銀行振込で済ませる、

という事にしました。


まず、A銀行は、

X社から2000円の借用証書を

預かって、

X社の口座残高をに2000円にしました。


それから、Y社の口座残高を2000円にして、

X社の口座残高を0円にしました。


最初に、1000を預けたW社の口座残高は、

いぜんとして、1000円のまま、

X社の口座残高は、0円

Y社の口座残高は、2000円。


預金残高の合計は、

3000円になります。


貸し出したお金は、2000円で、

最初の1000円の2倍。


預金残高の合計は、

最初の1000円の3倍の、

3000円になります。


預金残高が、3000円になるので、

この手続きをする前に、


3000の10%である、

300円を日銀に預けておけば、


べつに1つの銀行でも、

本源的預金の何倍かの預金は、

作り出せると思うんですが。


こういう事は制度的に許されているのか?、


とか、


合法的にやれるのか、


とか、


そういう問題だと思うんですが。



「通説」では、

1つの銀行では、ダメで、

複数の銀行があれば可能だろう、

とか言う、


学問上の説ではなくて、

制度とか、

法律の問題だと思うんですが。



つづく。

信用創造って何? まず、ウィキペディアの説明から。(その5)

どうなったか、まとめ


市中銀行に預けられたお金

=1000+900+810+729

+、、、



もう、めんどくさくなった。

で、これは、

数学で言うところの

無限数列の和というヤツで、

全部足すと


1000÷0.1


と同じになります。


最初に、預けた1000円を

すべて準備金として日本銀行に預けたら、

いくらまで貸し出せるかと考えて、


準備金 対 貸し出せるお金


の比率は


10%対90% なので、

(預金準備率10%の時)


1000の準備金に対しては、

9000円まで貸し出せるので、


最初の1000円と合わせて、

預金は全部で

10000円になります。


1000÷0.1=10000


です。


ここで言っている

「いくらまで貸し出せるか」

と言うのは、

「いくらまで、預金通貨を発行できるか」

と同じ意味です。


つづく

信用創造って何? まず、ウィキペディアの説明から。(その4)

34−4=30


30−3=27


27−3=24


24−3=21


21−3=18


18−2=16


16−2=14


14−2=12


12−2=10


10−1=9

(10円の10%は1円ってことですね。)


これ以降、

10%以上、1円単位で、

日銀に預けるので、

全部1円ですね。


9−1=8


8−1=7


7−1=6


6−1=5


5−1=4


4−1=3


3−1=2


2−1=1

これは、2円が預けられて、

その内、1円を日銀に預けて、

残り1円を貸し出した、という事ですね。


この1円が、またどこか別の銀行に預けられて、


1−1=0


この1円は、日銀に預けたら、

もう、貸し出すことは出来ないので、

銀行が手元に持っておく事にしましょうか。


つづく。


信用創造って何? まず、ウィキペディアの説明から。(その3)

182−19=163


163−17=146


146−15=131


131−14=117


117−12=105


105−11=94


94−10=84


84−9=75


75−8=67


67−7=60


60−6=54


54−6=48


48−5=43


43−5=38


38−4=34


いつ終るん? これ。


銀行、何個いるん?