信用創造って何? まず、ウィキペディアの説明から。(その1)

まず、ウィキペディアの説明を見てみます。

ウィキペディアの「信用創造」は、こちら

信用創造 - Wikipedia

 

 

市中銀行(中央銀行(日本の場合は日本銀行)以外の一般の銀行)は、

 

預けられた預金の一定割合を

中央銀行に預けたら、

 

残りは貸し出しても良い、

という事になっています。

 

※ 中央銀行に預けた後じゃないと、

貸し出ししたらいけないのか、

貸し出しした後で、預けてもいいのか、

この制度の細かいところは謎です。

 

この制度の事を

準備預金制度(じゅんびよきんせいど)

と言います。

 

中央銀行に預ける割合を

預金準備率(よきんじゅんびりつ)

と言います。

 

 

ここからが、

ウィキペディアの説明です。

 

A銀行、B銀行、C銀行が登場人物です。

 

他に、W社、X社、Y社、Z社も登場します。

 

あっ、中央銀行も登場しますね。

 

預金準備率が10%として説明してあります。

 

まず、1000円があります。

これは、W社が持っています。

 

※ この1000円をW社がどうやって手に入れたのかは謎です。

 

 

W社は、A銀行に1000円を預けます。

この1000円の預金の事を

本源的預金(ほんげんてきよきん)

と言います。

 

A銀行は、その内10%(預金準備率)の

100円を中央銀行に預けます。

 

残った900円をX社に貸し出します。

 

X社は、その900円をB銀行に預けます。

A銀行から、お金を借りておきながら、なぜか、裏切り行為の様に、B銀行に預けるんですね。(笑)

X社がA銀行から融資を受けていれば、普通は、そこに預金口座を持ってる様な気がしますが。

まあ、僕には銀行の事やら、金融の事やら、詳しい知識がないのでよく分かりませんが。

 

まあ、それから、これは説明のために簡略化した事を語っているんだと思います。

 

普通は、借りたお金は使うので(使う予定がないのに金利を払って借りたりしないから。)、

X社は、何かに使って、その900円を受け取った別の会社がB銀行に口座を持っていたので、

B銀行の預金になったと、そんな感じだと思います。

 

それから、

B銀行は、預かった900円の内10%の

90円を中央銀行に預けます。

残りの810円をY社に貸し出します。

 

Y社はB銀行を裏切って(笑)、

その810円をC銀行に預けます。

 

C銀行は810円の内、預金準備率10%の

81円を中央銀行に預けます。

残りの729円をZ社に貸し出します。

 

これでと、最初1000円だった預金が増えたらしいので、

計算してみます。

 

W社がA銀行に1000円の預金を持っています。

X社がB銀行に900円の預金を持っています。

Y社がC銀行に810円の預金を持っています。

Z社が、どこかの銀行に729円の預金を持っています。

 

1000+900+810+729

、、、なんか疲れた。

コメント